EOS R システムのお話。

キヤノンは「EOS Rシステム」の核となる交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、世界最軽量を実現した普及価格帯の超望遠単焦点レンズRF600mm F11 IS STM、RF800mm F11 IS STMを2020年7月下旬に発売する。

RF100-500mm F4.5-7.1 は、F値を7.1に抑えながら望遠端を500mm伸ばして、500mmの超望遠と軽量コンパクト化を実現した興味深い仕様のレンズで、EF100-400mmよりも軽量なのでかなり機動力は高そうです。
107006035_910077232800781_1453488755245752785_n.jpg
RF600mm F11とRF800mm F11 はDOレンズと沈胴機構、暗いF値の組み合わせによって、このクラスの超望遠と思えないほどコンパクトですね。価格もかなり安価なので、人気のレンズになるかもしれません。
106712279_910077252800779_2930566576385369368_n.jpg107066048_910077219467449_8654427295118372871_n.jpg
通常、この量販店価格よりも価格コムの最安値の方が10%安いので、最安値では税込で次のようになりそうです。
- RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM が33万1650円
- RF600mm F11 STMが8万7120円
- RF800mm F11 STM が11万1870円

興味のある方はぜひ。
※デジカメinfoからの情報でした。