RF800㎜で乱撮り。

野鳥写真家の戸塚学さんが名付けたダサ・きゅんレンズ。 ①たしかに強化プラスチック製では、見た目は今一つ、軽さの代償だからやむをえない。 ②AFはステッピング・モーターではあるけれど、不便さは感じない。 ③測距可能エリアは、中央部のみではあるけれど、横:約40%×縦:約60%の範囲で可能なので、被写体を中央から外した構図は作れる。飛…

続きを読むread more

RF800㎜ f11 IS STMで撮ってみた。

先日、フィールドでこのレンズを使っている方が2名もいた。 お一人は有名な野鳥写真家の〇〇氏でした。 重宝しているという話をお聞きして、気になって気になって。 なかなか手に入らないという状況だったが、 ヨドバシカメラのHPを覗いたら、在庫僅少の文字を見て、 ついポチッとしてしまった。 お世辞にもがっちりしているとは言えません、…

続きを読むread more

待ち時間。

干潟が出てくるのを待つのはシギ・チに カメラマン。 干潟が少し出てくると 真っ先に来るのはハマシギやミユビシギなどの小型種。 最後にチュウシャクシギやオオソリハシシギなどの ちょっと大型種。

続きを読むread more

にぎやか。

この日の三番瀬、小潮で大きく潮が引きません。 鳥との距離が縮まります。 ミサゴの前をミヤコドリが通る。 ミサゴが飛ぶ。 共助市議(誤変換だけれども面白いのでこのままで)、ホウロクシギ、 遠くにチュウシャクシギが12羽も。

続きを読むread more

日本鳥類目録改訂、オキノタユウは登録ならず。

2022年9月に 日本鳥類目録第8版が刊行されます。 今回もかなりの変更が検討されています。 第7版で検討種や未掲載だった種と亜種で29種類増えそうです。 アホウドリをオキノタユウへの和名変更は受け入れられませんでした。 分類上は、日本鳥学会の仰る通り。 でも、海外の方から、名前の由来を聞かれたら、 恥ずかしいな~。 「…

続きを読むread more