日本鳥類目録改訂、オキノタユウは登録ならず。

2022年9月に
日本鳥類目録第8版が刊行されます。
今回もかなりの変更が検討されています。
第7版で検討種や未掲載だった種と亜種で29種類増えそうです。
アホウドリをオキノタユウへの和名変更は受け入れられませんでした。
分類上は、日本鳥学会の仰る通り。
でも、海外の方から、名前の由来を聞かれたら、
恥ずかしいな~。
「人権に配慮する」ときは変更することもあるらしい、
鳥には配慮しなくてもいいということだ。
鳥には日本語がわからないからね~、気の毒に。
00000037.jpg
鳥類に限らず、和名には、今時、口に出すのも恥ずかしいと思うものもあるなぁ。
マグソタケ、ヘクソカズラ、ママコノシリヌグイ、ショウベンノキ、ハダカデバネズミ・・・。
きっと、調べれば
もっとあるのだろう。