カナダカモメ。

アルパインツアーの
年初恒例のカモメツアーに参加しました。
今年の冬は野鳥が少ないのですが、
カモメまで少ない。
魚の水揚げをしていないせいだけではないのかもしれません。
夕方が迫り、少ないながらもカモメが集まりだして、
ガイドのIさんが見つけ出してくれました。
カモメが例年通り、たくさんいたら、
教えられても、わからなかったかもしれません。
「先達はあらまほしきことなり」と兼好法師が言っていましたね。
(EOS R+T150-600)
以下、教えていただいたポイント毎に
識別点をチェックしてみました。
①足が短い。正確には踵から上の脛部分が極めて短い。
画像

②背中の色はセグロカモメより淡い。奥二羽がセグロカモメ。
③セグロカモメよりも頭が丸く見える。
画像

④初列風切の裏側は殆ど黒い部分がない。写真では右側の初列風切り裏がわずかに見えます。
画像

果たして、次回以降に自力で探せるかどうか・・・。